お客様が定義するクラウド

CloudSigmaのプラットフォームが選ばれる理由とは?
CloudSigmaは、基本となる強力なコンピューティングパワーにそのパワーを最も効果的に配分する手法とツールを組み合わせて提供しています。CloudSigmaのクラウドは市場で最も高いコストパフォーマンスを提供し、お客様が最適なプロダクションサービスを構築できる(そして現に構築している)ソリューションを提供しています。

  真のハイパフォーマンス

最新のハードウェアとCPUカスタマイズオプションにより、オペレーティングシステムやワークロードにかかわらず、お客様のアプリケーションを快適に動作させることができます。

  SSD & 磁気記憶装置

CloudSigmaのサーバーでは、SSDと磁気記憶装置を自由に組み合わせることができます。例えば、OS向けにはSSD、データ向けには磁気記憶装置といった組み合わせが可能です。

  すべて10ギガビットイーサネット(GigE)の接続

クラウドサーバーから、簡単に数ギガビットの通信速度でデータ送信が可能です。ビッグデータの実行やビデオのストリーミング配信などで、ネットワークがボトルネックとなることがありません。

  即座のプロビジョニング

サーバー、ドライブ、IP、プライベートネットワークなど、CloudSigmaが提供するあらゆるリソースをその場で即座にプロビジョニングできます。

  洗練されたAPI

お客様向けコントロールパネルの構築にも、CloudSigmaのAPIが使用されています。このAPIは、機能を100%カバーしており、使用方法も簡単です。

  幅広いリソース範囲

1サーバーあたり、CPU は最大40コアまで、RAMは最大128GBまで利用可能です。また、ストレージ1台あたりの容量は、SSDは最大5TBまで、磁気記憶装置なら最大100TBまで利用可能です。

  無料で利用可能なリソース

1か月あたりのご利用金額が10ドル以上のお客様はすべて、1GBのRAM、50GBのSSD、および 5TBのデータ転送が無料になります。 gratis.

  余計な詮索からデータを保護

CloudSigmaは、会社組織もセキュアなクラウドサーバーも、地域ごとに独立しています。例えば、スイスに所在するお客様がCloudSigmaのサービスを利用する場合は、スイスの政府のみがアクセスできます。これは、米国など他の地域も同様です

  カスタムKVMクラウド

KVMによる完全仮想化を提供します。お客様ごとに、専用のリソースを割り当てることにより、よりセキュアでリングフェンス化されたパフォーマンスを発揮できます。

  ISOのセキュリティ認証を取得

CloudSigmaのクラウドインフラおよびサービスは、セキュリティとデータ保護に関する最高規格であるISO 27001 準拠の認証を取得しています。

ハイブリッドクラウドホスティング

お客様がプライベートクラウドとパブリッククラウドのワークロードバランスを最適化できるよう、CloudSigmaは、あらゆるデプロイメントに対応可能なインフラオプションを提供しています。Equinixとのグローバルパートナーシップにより、CloudSigmaのパブリッククラウド拠点と世界クラスのプライベートホスティングを組み合わせて提供することも可能です。
  CloudSigmaに加えて、プライベートインフラのホスティングも提供
  10GigEレイヤー2回線による接続
  独自の接続テクノロジーにより、全回線速度と低レイテンシを実現
  クラウドバーストが容易(CloudSigmaを障害回復およびシームレスなバックアップに利用)



お客様の戦略目標を達成するために、各種インフラ配信モデルをシームレスに組み合わせることができます。純粋なクラウドインフラからパブリッククラウド内の専用リソース、さらには、社内プライベートインフラと弾力性が高く料金体系が明白な外部クラウドソリューションを併用するハイブリッドクラウドオプションまで、組み合わせは自由です。



外部インテグレーション & ドライバー


CloudSigmaでは、より使いやすく、お客様の日々のコンピューティングにより適合したクラウドサービスを提供するために、常に、新しい手法を探求しています。CloudSigmaのクラウド向けに、数多くの外部インテグレーションやドライバーを提供しているのに加えて、UbuntuOpenVPN、およびNew Relicなど、お客様に価値をもたらす様々なパートナーと協力関係を確立しています。

OpenStack Cloud Heat Plugin   OpenStack Heat Plugin

お客様がデプロイしたOpenStackからCloudSigmaのワークロードを管理
Webサイト      プラグイン

Ubuntu Certified Cloud   Ubuntu & CloudInit

ブート時にCloudSigmaの標準的なUbuntuクラウドサーバーイメージを自動的にカスタマイズ。SSH鍵キーの挿入、アップデート、パッケージのインストールなどを実行。
Webサイト      CloudInit

CoreOS Managed Linux   CoreOS & cloudinit

Docker対応済みで、CloudSigmaのAPI上、またはWebコンソールから直接CoreOSをカスタマイズ可能


jclouds Apache Cloud Driver   Apache jcloudsのドライバー

Apache jcloudsのJavaまたは Clojureベースのドライバーで、CloudSigmaをはじめとするププライベート/パブリッククラウドを管理
Webサイト      ドライバー

Apache Libcloud Driver  Apache Libcloudのドライバー

Apache LibcloudのPythonベースのドライバーで、CloudSigmaをはじめとするプライベート/パブリッククラウドを管理
Webサイト      ドライバー

fog.io Ruby cloud services library   fog.ioのライブラリ

fog.ioのRubyクラウドサービスライブラリを利用して、CloudSigmaを管理
Webサイト      ドキュメント


Ansibleとのインテグレーション  Ansibleとのインテグレーション

CloudSigmaサーバー向けのDynamic Inventory Sourcesを利用可能
Webサイト      GitHub

Abiquoのハイブリッドクラウド   Abiquoのハイブリッドクラウド

AbiquoのanyCloud を利用して、CloudSigmaのパブリッククラウドインフラおよびお客様のプライベートインフラを管理
Webサイト      anyCloud

CloudSigma Python Library   pycloudsigmaのライブラリ

pycloudsigmaのPythonベースのライブラリを利用して、CloudSigmaのAPIで構築されたお客様のクラウドインフラを簡単に自動化および管理
GitHub      ドキュメント


高可用性 & サービス水準合意(SLA)

サービスの可用性と稼働時間は、プロダクションサービスにおいて非常に重要です。お客様がクラウドに移行する際は、自身のインフラを適正に監視することができなくなり、単一障害点が発生する危険性があります。そうしたリスクを回避するために、CloudSigmaでは、コンピューターおよびストレージ上の単一障害点を自動的に発見および除去することができるツールを開発しました。高可用性を実現するCloudSigmaの機能セットとツールについて詳しくは、当社にお問い合わせください。

当社SLAの主要なポイント

  稼働時間100%が基準点
  15分を超えるダウンタイムが生じた場合は、ダウンタイムの50倍のクレジットを提供
  当社クラウド内のレイテンシは、最大でも1ミリ秒以内
  地域ごとの詳細は、こちらを参照: スイス | 米国

プロフェッショナルなインシデント管理

  影響のあるお客様に対しては、事前にアラートを通知
  あらゆるインシデントに対して、定期的なアップデートを実施
  インシデントクローズのアラートを通知
  根本的原因の分析および対策に関して、お客様と情報を共有

30秒以内でクラウドサーバーを作成

7日間の無償トライアル(クレジットカード不要)または1時間分のデモ用アカウントをぜひお試しください!

今すぐ開始する